Top > 現金化 > 換金しやすいゲームソフトの失敗例

換金しやすいゲームソフトの失敗例

クレジットカードの現金化を考える場合、できるだけ簡単にできる方法を選びたいというところもあるでしょう。

手間を減らすことができるのであれば、その分換金率が下がったとしても、十分に見合う可能性もあるからです。

そこで、簡単に換金できるものとして、買取店が多く存在するものを選ぶことが重要になってきます。

 

買取店が数多く存在するのが、実はゲームソフトです。

簡単に取引することができ、その数も豊富でしょう。

数をそろえれば、かなり大きな金額にすることもできるため、クレジットカードの現金化にはもってこいのものになるのです。

 

問題は換金率です。

一般的に販売が始まってから時間がたってしまったものは、60%程度での買取りが基準となります。

さらに時間がたてば、どんどんと下がっていくことになるでしょう。

新作の場合には、翌日とかであれば、95%での買取りというものも珍しくありません。

数種類のソフトを同時に買取りに出すことができるため、金額もコントロールしやすいのがいいとことになるのです。

 

ここで問題になるのは、一度に買い取ってもらうことができる同じソフトの数に制限があるということでしょう。

同じソフトを2本以上買い取るということは、盗品を買い取る可能性が出てきてしまいます。

そのため、どんな新しいソフトであっても買取を制限しているところがほとんどですので、クレジットカードで購入する際には、失敗したりしないように注意しなければいけないのです。

現金化

関連エントリー
換金しやすいゲームソフトの失敗例